殻なしでもぷりぷりさくさくで満足感あるハワイ風ガーリックシュリンプを求めて

大人の技_ひと手間
ハワイで食べたことのあるにんにくとバターの風味がガツンとくるガーリックシュリンプ。殻なしだと(殻は手が汚れるし食べる時に面倒なので…)どうしてもえびが情けない感じになってしまい失敗。ということでえびの下処理、炒め方を変えて再チャレンジ。

材料

・えび(冷凍しているえびを使用)

えびの下処理
・片栗粉
・重曹
・塩

えびの下味、ソース
・にんにく 2片
・玉ねぎ 半分
・バター 適量
・塩 少々
・胡椒 少々
・レモン すりおろすだけ
・オイスターソース
・オリーブオイル 適量
※あればマッシュルームがあるとさらに旨味が増すと思う

いろどり
・パプリカ

つくり方

1)食材を切る
にんにく、玉ねぎをみじん切り。

2)えびの下処理 ←ここが重要
冷凍したえびを片栗粉と塩でもみ洗いをしてぬめりと臭みを取る。その後重曹と塩を溶かしたお水に浸し10分ほど放置。その後殻をむき背のわたを取り除く。*下記参照

3)えびの下味 ←ここが重要
下処理したえびをビニール袋にいれて刻んだにんにくを1/3、塩胡椒、オリーブオイルをいれて揉み込む。さらに片栗粉と小麦粉を2:1の割合でまぶしておく。

4)ソースをつくる
オリーブオイルをたっぷり目に入れて、バター、にんにく、玉ねぎを加えじっくり炒め、塩胡椒とオイスターソースで味付け。オイルは残して具材を小皿にうつす。

5)えびを炒める
4の旨味が染みたオイル(足りなければ足して)をフライパンで熱し、熱々の状態でえびを投入。火加減をみながら焦げずに焼き目がつくようじっくり焼き、裏返して出来上がり。

6)盛り付け
5をお皿に盛り付け4をかけて、レモンをすりおろして完成。

*水で解凍すると浸透圧の関係で水分とともに旨味が逃げ出してしまうので塩を溶かした水で解凍するとよい
*重曹のたんぱく質分解作用によりやわらか効果が発揮される
(ネット調べ)

失敗談

  • えびがパサパサ、ふにゃふにゃ

    特に高価でもない冷凍したえびには限界があるのではと思いデスクトップリサーチした結果改善策を見つけた。どうやら重曹が良いらしい…

    もう一つは焼いた時のカリカリ感やサクサク感がないこと。

    これは揚げるに近い焼き方が良いのでは、という発想で片栗粉&小麦粉を使うことと、火加減の違いからソースづくりとえび炒めは別で行うことに。

  • えびの水分でフライパンが水浸し

    解凍が甘かったことと、下処理で水分をうまい具合に処理できていなかったことが理由だと思われる。

    もう一点はソースのあるフライパンで炒めたため火加減が弱く中途半端な火入れだったことと想定。
最新情報をチェックしよう!